痛みの医療への社会的責任をはたすための認定特定非営利活動法人

文字サイズ標準大特大印刷する
タイトル

トップ > からだの痛みの電話相談

<はじめに>
皆さん、「長引く身体の痛み(慢性痛)」で苦しんでいらっしゃる方が、国内にどのくらいいらっしゃるかご存知ですか?厚生労働省慢性の痛みに対する研究班の調査によると、少なくとも人口の約15%の方がその痛みに直面し、中にはありとあらゆる病院で診てもらったけれど「原因不明」や「良くならない」というケースが大変多いことも事実です。

「認定NPO法人 いたみ医学研究情報センター」(http://www.pain-medres.info/)では、平成23年から「からだの痛み電話相談」という窓口を設け、医師や看護師によりこれまでにたくさんの方のご相談を受けてきました。私たちは相談者さまのお声に耳を傾け、共に考えながらアドバイスもさせていただいてきました。そこには一見お元気そうに見える方でも、痛みに加えて他者には話せない心の苦しみを抱え精神的に孤立している方が大変多く、その背景に目には見えない様々な問題があることがわかりました。特に多かったのが、「こんなに辛い思いをしているのは、自分だけだと思っていた」というご意見です。

この事例集はやりとりの中のごく一部ではありますが、患者さまはもちろんそのご家族やご友人、そして痛みで苦しんでいる方々に日々携わっている医療従事者の皆さまにも是非お読みいただき、痛みを持つ方がどんなことで悩み、苦しみ、何を思っているのかを知るとともに、どうすればいいのかを考え少しでも前進していただけるきっかけになれば嬉しく思います。

※これからご紹介する内容はすべて相談者さまのご了解を得て掲載しております。私どものお願いにご理解をいただき、「少しでも痛みを持つ方の力になれれば」と掲載許可をくださった相談者の皆様に心より感謝申し上げます。

<電話相談症例>
01)「原因不明の全身痛(50代 女性)」
02)「数年に及ぶ上半身の痛み(30代 女性)」
03)「頚椎が原因だと言われた腕の痛み(70代 女性)」
04)「椅子に座るとお尻が痛い(30代 男性)」
05)「歯の治療後から歯と舌が痛くなった(60代 女性)」
06)「老化現象だと言われたひざの痛み(60代 女性)」
07)「全身が痛くて不安でしょうがない(70代 女性)」
08)「外反母趾の術後も足が痛い(30代 女性)」
09)「足の指の感覚がおかしい(60代 男性)」
10)「帯状疱疹後の激しい顔面痛(60代 女性)」


対応時間や連絡先は下記の通りです。
電話番号のお間違えがないようご注意ください。
※お電話の通話料はご本人様のご負担になりますのでご了承ください。

平成28年度 厚生労働省「からだの痛み相談支援事業」
<電話相談窓口 〜相談料無料〜>
毎週月・水・木曜日 9時〜17時(※12時30分〜13時30分は職員の休憩時間となります。)
平成26年8月〜下記の電話番号になりました。
0561-57-3000
(平成26年8月〜 052-700-6078の電話番号は使えなくなりましたのでご注意ください!)
※月曜日または木曜日が祝祭日の場合は、相談時間を翌日にシフトさせていただきます。

※平成28年4月〜医師対応ダイヤルはお休みとなります。