痛みの医療への社会的責任をはたすための特定非営利活動法人

文字サイズ標準大特大印刷する
タイトル

トップ > からだの痛みの電話相談 > 老化現象だと言われたひざの痛み(60代 女性)

「老化現象だと言われたひざの痛み(60代 女性)」


【主訴】
両ひざが痛い。
整形外科で老化現象だと言われ、鎮痛剤とシップをもらって運動をするように言われた。一番困っているのは座った体制から立ち上がる時の動作時。あとは我慢できる範囲。運動は、毎日ストレッチと、ウォーキング(30〜40分買い物ついでにゆっくり)をしている。

【質問】
ストレッチやウォーキングをして痛みが増したりしないのか?
このまま続けてもいいのか?歩数も増やしたほうがいいのか?

【アドバイス】
基本的には医師の指示に従っていただかないといけませんが、お話を聴いている限りでは運動をしてもらって大丈夫だと思います。ストレッチは勿論、筋トレもひざだけでなく腰の筋肉もつけるような運動を加えるといいです。ウォーキングについては極端に長い時間を歩くのではなく、短くても毎日コツコツ継続して行うほうがいいですので、今のまま無理のない範囲で続けてください。そしてそれらを担当医に報告しておくと安心だと思います。慢性痛は痛いからと言って身体を動かさないでいると益々痛みが悪化する可能性もありますので、痛みがあってもできることをやめないで続けていくことが大事です。

【相談者さまの言葉】
よくわかりました。私も過去に一度、痛いし雨も降っているからと何もしないで家でじっとしていたことがあって、翌日身体を動かしたらそれまで以上に痛みが強かった経験があるので、やっぱり動かしてないといけないなと思ったんです。慢性痛は老化のせいもあるのでしょうがないんですね。ストレッチなどの運動は頑張って続けます。これまで不安でしたが、あなたの話を聴いて安心したし、希望が出てきました。自信もついたので嬉しいです。頑張ります。

<< 前へ | 次へ >>


<電話相談症例>
01)「原因不明の全身痛(50代 女性)」
02)「数年に及ぶ上半身の痛み(30代 女性)」
03)「頚椎が原因だと言われた腕の痛み(70代 女性)」
04)「椅子に座るとお尻が痛い(30代 男性)」
05)「歯の治療後から歯と舌が痛くなった(60代 女性)」
06)「老化現象だと言われたひざの痛み(60代 女性)」
07)「全身が痛くて不安でしょうがない(70代 女性)」
08)「外反母趾の術後も足が痛い(30代 女性)」
09)「足の指の感覚がおかしい(60代 男性)」
10)「帯状疱疹後の激しい顔面痛(60代 女性)」