痛みの医療への社会的責任をはたすための認定特定非営利活動法人

文字サイズ標準大特大印刷する
タイトル

NPO法人いたみ医学研究情報センター
「からだ・運動器の痛み専門医療者制度」に関する規則


第1章 総則

第1条 この規則は、NPO法人いたみ学研究情報センター(以下当NPOという)が、新しい知見を含めた慢性の痛みの知識と技術を修得し、痛みの治療を適正に行える医療スタッフを養成し、難治性疼痛患者に対応できる知識と技術を養う制度を設置し、疼痛診療の向上を図ることを目的とする。
第2条 前条の目的を達成するために、「からだ・運動器の痛み専門医療者制度」審議委員会(以下審議会とする)を設置する。
   

第2章 審議会

第3条 審議会は、第1条に掲げる目的を達成するために、「からだ・運動器の痛み専門医療者制度」を認定するとともに、本制度の維持を図りこれに関する諸問題を検討する。
第4条 審議会の構成及び運営は次のように定める。
  • (1)審議会委員は当NPO正会員または「日本疼痛学会」「日本慢性疼痛学会」「日本ペインクリニック学会」「日本運動器疼痛学会」「日本口腔顔面痛学会」「日本腰痛学会」「日本ペインリハビリテーション」の理事、または国内の医学部所属の准教授または教授(特任含む)の中から、当NPO理事会の議決を経て選出され当NPO理事長が委嘱する。
  • (2)審議会は、選任された委員若干名で構成する。
  • (3)審議会委員長は審議会委員であることとし、当NPO理事長が指名する。
  • (4)審議会委員長は審議会を招集して議長となるほか、会務を総括し本制度の円滑な運営を図る。
  • (5)審議会委員の任期は1期2年(2年度)とし、再任は妨げない。
   

第3章 資格認定制度

第5条 当NPOは、各資格認定を受けたものに対し認定証を交付する。
第6条 本資格認定の申請資格及び審査方法は、施行細則第3章、第4章および第5章に定める。
第7条 前条に定める審査に申請する者は、資格認定に必要な申請書類とともに申請費用料を納めなければならない。
   

第4章 資格認定の更新

第8条 審議会は、資格認定証の交付を受けてから5年を経たものについて、資格更新審査を行い、本資格を更新する。資格更新申請手続きの詳細は施行細則第5章に定める。
   

第5章 資格認定の喪失

第9条 審議会は、本資格認定者として不適当と認めた者に対し、審議委員会の審議を経て取り消すことができる。
   

第6章 規則の変更

第10条 本規定または付随する細則に関する取り決めの変更または改廃は、当NPO理事会の議決をへて行う。
   

第7章 補則

第11条 この規則を施行するため、別途細則を制定する。
   

附則 1 この規則は2016年9月14日より施行する。
   
  2 発足時の審議会委員は、以下のとおりとする。
  • ○ 西上智彦(リハ):委員会委員長
  • ○ 内山徹(整形)
  • ○ 沖田実(リハ)
  • ○ 尾崎紀之(基礎)
  • ○ 加藤総夫(基礎)
  • ○ 小山なつ(基礎)
  • ○ 園畑素樹(整形)
  • ○ 高井ゆかり(看護)
  • ○ 高橋直人(整形)
  • ○ 伊達久(麻酔)
  • ○ 西江宏行(麻酔)
  • ○ 西木戸修(麻酔)
  • ○ 西原真理(精神)