痛みの医療への社会的責任をはたすための認定特定非営利活動法人

文字サイズ標準大特大印刷する
タイトル

トップ > 法人概要 > メンバー

■役員

<理事長>
三木 健司
大阪大学大学院医学系研究疼痛医学寄附講座
三木 健司
<副理事長>
池本 竜則
愛知医科大学 運動療育センター
池本 竜則
<副理事長>
松原 貴子
日本福祉大学 健康科学部リハビリテーション学科
松原 貴子
<理事>
大迫 洋治
高知大学医学部解剖学講座
写真
<理事>
川 元敬
高知大学医学部整形外科
川 元敬
<理事>
福井 聖
滋賀医科大学 ペインクリニック
福井 聖
<理事>
西上 智彦
甲南女子大学 看護リハビリテーション学部
写真
<理事>
山口 重樹
独協医科大学 麻酔科
写真
<理事>
西江 宏行
川崎医科大学 麻酔科
写真
<理事>
井関 雅子
順天堂大学医学部 麻酔科学・ペインクリニック講座
写真
<理事>
内山 徹
内山整形外科
写真
<理事>
木村 嘉之
独協医科大学麻酔科
写真
<理事>
細川 豊史
京都府立医大疼痛緩和医療学
写真

■特定非営利活動法人「いたみ医学研究情報センター」評議員会規定


第1条(評議員会)
本NPO法人に有識者からなる評議員会をおく。

第2条(評議員の設置目的)
本NPO法人の業務遂行に関するステアリングを行う目的で設置する。

第3条(評議員の構成)
(1) 評議員は、本NPO法人の理事会より法人業務に関する有識者を国内の個人又は法人(団体)から選出し、総会の議決を経て決定される。
(2) 評議員の数は、各個人又は法人(団体)の代表を1人と数え、5〜15人で構成される。

第4条(評議員の職務)
評議員は、本NPO法人の活動状況および活動計画について理事から報告を受け、その活動について意見を述べるものとする。

第5条(評議員会の開催)
(1) 前条の職務を円滑に行うため、年一回会議方式による評議員会を開催する。
(2) 評議員会の開催は、会議の日時、場所、目的を記載した書面をもって、少なくとも7日前までに評議員全員に通知しなければならない。
(3) 評議員会には、代理人を出席させることができる。

第6条(評議員会に係る経費)
評議員会に出席する評議員については、「本NPO法人以外の経費」と重複しない範囲で、必要に応じて、その出張に係る旅費・交通費を評議員会経費として申請することができる。ただし申請は、評議員1人にあたり1件までとする。また、旅費・交通費額は、別に定める本NPO法人の旅費・交通費規定によって定めるものとする。

第6条(会議以外の方式)
前条の定めにかかわらず、評議員の意見は、理事との個別面談その他の適切な方法で集約することができる。

第7条(評議員の任期等)
(1) 評議員の任期は定めない。
(2) 評議員はいつでも退任を申し出ることができる。
(3) 前項の場合において、評議員は後任の評議員を推薦することができる。

附則:この規定は2011年8月1日より実施する。