痛みの医療への社会的責任をはたすための認定特定非営利活動法人

文字サイズ標準大特大印刷する
タイトル

トップ > 痛みについて > 痛みの役割 〜痛みを感じないとどうなるか?〜

■痛みの役割 〜痛みを感じないとどうなるか?〜


痛みを感じないと我々の生活は想像以上におびやかされます。

痛みは反射を通しても生体を守っています。(引込め反射)
・熱い物に触れると無意識に手を引っ込める動作などがわかりやすいでしょう

痛みを感じないと、気づかないうちに重篤な症状になってしまう可能性があります。

イラスト

痛みを感じない病気のため、重篤な状態になってしまう事例
→先天性無痛症
http://www.nanbyou.or.jp/entry/773

イラスト痛みを引き起こす刺激を、
「危険な物」として認識できないため、
怪我をしやすい体になります。










1)痛みの研究の歴史 〜現在に至る〜
2)痛みの役割 〜痛みを感じないとどうなるか?〜
3)痛みを感じるしくみ 〜痛みは脳で感じる!!〜
4)痛みの診療 〜痛みは危険な病気のサイン〜
5)痛みと情動 〜不快な感覚がよみがえる〜
6)人の様々な痛み 〜腰痛、肩こりetc〜