痛みの医療への社会的責任をはたすための認定特定非営利活動法人

文字サイズ標準大特大印刷する
タイトル

トップ > 痛みについて > 痛みの研究の歴史 〜現在に至る〜

■痛みの研究の歴史 〜現在に至る〜


紀元前:太古より人が痛みに侵されてきた事が記述されています。

紀元前4世紀:アリストテレスは、痛みを感情と考えていました。

紀元後:古代ギリシャの医学者ガレヌスは、痛みは末梢神経により伝えられ皮膚の末梢神経に中程度の刺激が加わると触覚が、強い刺激が加わると痛みが生じると説明をしました。

1600年代:デカルトによる痛みの伝導路や痛みによる反射の記載がされました。

1900年代:シェリントンは侵害受容器の概念を記述しました。

1960年代:メルザック / ウォール 痛みは太い神経の活動によって抑えられることが理論的に述べられました。

1980年代:ウォルフ 中枢性の過敏化による痛みの感受性の変化を示しました。

2001〜2010年:アメリカ議会は「痛みの10年」を発表しました。

21世紀になり痛みの研究はますます盛んになりつつあります

・イオンチャネルの解明 ・痛み関連タンパク ・ニューロン/グリア ・脳画像研究 ・社会

イラスト

1)痛みの研究の歴史 〜現在に至る〜
2)痛みの役割 〜痛みを感じないとどうなるか?〜
3)痛みを感じるしくみ 〜痛みは脳で感じる!!〜
4)痛みの診療 〜痛みは危険な病気のサイン〜
5)痛みと情動 〜不快な感覚がよみがえる〜
6)人の様々な痛み 〜腰痛、肩こりetc〜